• 営業(販売)
  • 新卒入社
  • 1994年入社

強く記憶に残っている仕事や経験など

取引ゼロだった量販店を何とか軌道に乗せようと数年かける想いで取り組み始めたのが2009年。1つの商品を成約することからスタートし、気づけば約7年で70品目を成約し、社内売上先ランキングTOP10に入っていました。途中、先方の担当者となれ合いが生じてしまったり、商売を急ぐ余り確認作業を怠り、厳しく指導される場面もありましたが、それらをきっかけにより理解が深まり意思疎通ができるようになりました。そんな中でも特に先方の主力商品となる国産牛を一新して立ち上げる仕事はお客様と毎日打合せを行い問題点を洗い出し、共に関東、関西へ出張して情報を集めたりと苦労しましたが、その分、より達成感がありました。今もその仕事は成長しており、家族にも身近で手の届く商品となっている事が何よりも嬉しく感じます。

今の仕事のやりがいや想い、モチベーションについて

生鮮食料品の中でも「お肉」は年末年始にすき焼きやしゃぶしゃぶ、焼肉などお祝いごとや仲間と集まったシーンなどの中で「喜ばれて食べる物」と私は考えてます。そんな「喜ばしい食」に対して自分が販売した商品が流通され、そのシーンの「一端を担ってる」と強く想って仕事をしてます。その「想いを乗せた商品」が売れて会社に貢献することが出来た時に私はやりがいを感じます。今は単身赴任で札幌で仕事をしていますが、離れて暮らす家族の為にも沢山「喜び」を届けられるようにする事がモチベーションとなっております。私の子どもたちもお肉が大好きで自分の仕事で家族の喜ぶ顔が見ることもやりがいに感じています。

この先の仕事の上での目標や夢について

担当地域で無くてはならない企業でありたいです。競合もひしめく中、「イザとなればハニューフーズ」と頼られる企業であるためには得意先とのコミュニケーションを強化すると同時に、社内でのサポート体制を更に強くし、これからの時代を担う若手の層と共に一緒に仕事に取組み、会社も社員も常に成長し、発展する企業でありたいです。

※この記事の内容は取材当時のものです。