• 営業(販売)
  • 中途入社
  • 2018年入社

入社して、ぶつかった・経験した壁について

入社してまず出庫する商品の準備や検品を通じて、この仕事の奥深さを感じたました。検品では予め自分で用意した商品をお客様に見ていただきます。お客様によって大きさを気にする場合やとにかく良い商品を希望される場合等、様々なご要望やお客様毎の好みがあることを知りました。お客様毎に欲している商品の品質を理解し、在庫の中からその品質に合う商品を自分の目で見て用意することが最初のうちは選ぶ自信がなく、本当にこの商品で大丈夫なのかと感じることも多かったです。しかし難しさを感じる反面、検品を通じてお客様の好みを知り、その要望通りに商品を用意出来た時のやりがいの大きさも同時に感じることが出来ました。

現在、取り組んでいる仕事で大切にしていることについて

私が現在の仕事で大事にしていることは、お客様からの問い合わせに対する返答等の物事への意思決定にスピード感を持ちつつ正確に取り組むということです。基本的に私達が取引しているお客様の先にもまた取引先・納品先がある場合が多いため、用意出来る数量や出庫可能日・価格帯等の詳細情報を出来るだけ迅速かつ正確にお伝えし、円滑に物事への対応が出来るように心がけています。迅速かつ正確な対応を通じて、お客様との信頼関係を築いていくことで新しい商品の問い合わせや販売に繋がることがあるために特に大切だと思い、尽力しています。

この先の仕事の上での目標や夢について

これからの目標としては固定観念に縛られず、お客様に様々な商品の提案をしていくことで今よりも扱う商品の種類を増やしていきたいと考えています。そのためにお客様との信頼関係をより強固なものとし、商品の売買だけの関係ではなく、人と人としてまず最初に自分に相談や連絡がもらえるような関係を築いていけるよう努めています。また、輸入商品等の海外の動向や季節需要に大きく影響を受ける国産牛肉という相場物の商品を扱っていく中で、目まぐるしく変化する市場の動向に対応し、どのような相場観・状況の中でも高水準で商品を販売できるように営業としてキャリアを蓄積し地力をつけていきたいです。

※この記事の内容は取材当時のものです。